동북아시아지역자치단체연합 로고

全羅南道

会員自治体 大韓民国 全羅南道

金瑛錄(金・ヨンロク)

  • 国名大韓民國
  • 自治団体名全羅南道
  • 体長名金瑛錄(金・ヨンロク)

シンボル

シンボルマーク

シンボルマーク

 

道の木

道の木

銀杏

道の鳥

道の鳥

ハト

道の鳥

道の鳥

ツバキ

沿 革

  • 全羅南道の歴史は、BC400年以前から馬韓、百済、統一新羅と後白済時代を経て、高麗、朝鮮、大韓民国とつながっている。
  • 古代三韓時代から今日に至るまで農業中心の穀倉地帯として、悠悠とした地域的特性を持っている。
  • 995年海陽島として区域が命名され、2回の合併を経て1896年現在の全羅南道に改名

地域特性

  • 全羅南道は、智異山、白雲山、曹渓山、月出山のような美しい山と栄山江、蟾津江、耽津江が羅州平野とともに広がっている。
  • 海と接している南•西海岸は全国で一番長いリアス式海岸(6,419㎞)と湾、半島、大小数多くの島々、世界 5大干潟がある美しい地域.

一般概況


区 分 内 容
地勢及び気候
  • 面積:12,121㎢(2007年)
  • 位置:朝鮮半島西南端 東経125°~127° 北緯33°~35°
  • 気候:温暖多湿な温帯気候 年平均 気温14.2℃(最高:35℃、最低:-11℃) 年平均 降水量 1,100~1,500mm
人口(2012年10月現在)
  • 人口:1,908,998人(男:954,015人、女:954,983人)
  • 世帯数:807,234世帯
  • 世帯平均人数:2.36人
主要年中行事
  • 康津青磁文化祭(康津)、咸平蝶祭り(咸平)、珍島神秘の海割れ祝祭(珍島)、南道食べ物文化フェスティバル(順天)、潭陽竹祭り(潭陽)、霊岩王仁文化祭(霊巌)、張保皐祭り(莞島)、鳴梁大捷祭り(海南、珍島)、順天湾葦祭り(順天)、梅文化祭り(光陽)
主要観光地 文化遺跡
  • 多島海:紅島、黒山島、曽島、白島、梧桐島 など
  • 寺:道岬寺、大興寺、白羊寺、仙巌寺、松広寺、鷰谷寺、雲住寺、泉隠寺、天皇寺、天冠寺、華厳寺など
  • 歌辞文学地:兔仰亭、松江亭、息影亭、瀟灑園など
  • 陶磁器文化地:康津青瓷、宝城甕器、務安粉青沙器など
  • 伝統美術文化地:珍島雲林山房、海南緑雨堂、木浦南農記念館など
  • 馬韓文化遺跡(古墳群、王冠など)、百済文化遺跡(霊岩王仁博士遺跡地)
  • その他観光地: 和順支石墓、順天楽安邑城、海南牛項里恐竜化石地、地の果て村、莞島尹善道遺跡地、宝城茶園など

経済現況


区 分 内 容
経済水準
  • GRDP:414,563億ウォン(2006年)
  • 財政規模:42,331億ウォン(2007年)
産業現況
  • 農林漁業27.5%、鉱工業9.5%、SOC及びその他サービスが63.0%
主要産品
  • 農水産物:梨、メロン、梅実、無花果、ユズ、サルナシ、緑茶、米、豆、麦、胡麻、タマネギ、 ニンニク、白菜、大ネギ、天日塩、海苔、ワカメ、ノリ、カキ、アワビ、イシモチ、タコ
  • 工業品:鉄鋼、石油化学、造船、酒類、加工食品、陶磁器類
  • 手工芸品:高麗青磁、竹製工芸品、ワンゴルござなど

その他

連合担当部署

  • 担当組織:政策企画官室国際交流係
  • 住所:全羅南道務安郡三郷面五龍路1番地 (〒)534-700
  • 電 話:+82-61-286-2174
  • F A X:+82-61-286-4734
  • インターネット ホームページ : http://www.jeonnam.go.kr