동북아시아지역자치단체연합 로고

マガダン州

会員自治体 ロシア連邦 マガダン州

ペチニ・ウラジミル・ペトロヴィッチ

  • 国名ロシア連邦
  • 自治団体名マガダン州
  • 体長名セルゲイ・ノースフ

シンボル

地方旗

地方旗

 

地方章

地方章

 

沿 革

  • 18世紀以前にヤクト人が移住。
  • 1920年:地質調査学術団が到着し、実質的な歴史が始まった。
  • 1953年12月: 「極東開発地域」に、マガダン市を行政、経済、学問と文化の中心にするマガダン州が形成された。
  • 1963年:5倍の建築地域拡張を見通した新しい都市大拡張計画が承認される。
  • 1969年: マガダン州地域の農業科学-研究大学で、北方鹿の飼育、搾乳、その他家畜の飼育とジャガイモを含む野菜栽培、草木地造成 の技術などを開発
  • 1995年1月1日: 最近新しい住居区域の成長に起因した人口の増加によって12万8,000人の人口を確保

地域特性

  • 豊かな地下資源を持ち、酷寒の気候のため農業活動が難しいことから、相対的に漁業が発達。
  • 地域の人口、特に労動力が多く流出している(流出人口の60%が、労動が可能な年齢層である)。

一般概況

区 分 内 容
地勢及び気候
  • 面積:46万2,500㎢
  • 位置:太平洋とオホーツク海の海岸に位置し、ツンドラと森林ツンドラ地帯の中間地域にある。
  • 気候:連邦の中央地域から遠く離れ、酷寒の気候である。年6~7.5ヵ月間冬が続く。領土の半以上がオホーツク海と太平洋で取り囲まれていて、4分の3以上がツンドラと森林ツンドラ地帯であるため、州領域の年平均気温は不安定である。
人口及び世帯
  • 人口:15万4,485人(2012年)
  • 人口密度:0.34人/㎢(2012年)
文化遺跡
  • 白夜祭り(6月28日)

経済現況

区 分 内 容
経済水準
  • GRDP:582億ルーブル(約19億ドル)(2010年)
  • 1人当り所得:25万5,200ルーブ(約8,506ドル)(2010年)
産業現況
  • 産業構造: 豊かな鉱物資源を基に、採掘産業の比重が高く、漁業が2番目に高いパーセントを占めている。
  • 産業基盤施設: 魚加工施設、機械製作施設、森林木材加工施設、建築材料生産設備、食料品加工施設
主要産品
  • 農林水産品:魚、農業作物栽培、鳥類の飼育
  • 鉱物資源: 金、銀、スズ、タングステンが豊かで、銅、モリブデン、石油そして天然ガスが発見されている。

その他

連合担当部署

  • 担当部署:地域行政部
  • 住所:Russia, 685000, Magadan region, Magadan city, Proletarskaya str., d. 14
  • 電話:7-4132-62-04-52
  • FAX:7-4132-60-78-07
  • インターネット ホームページ : http://www.maglan.ru