동북아시아지역자치단체연합 로고

北東アジア国際フォーラム

データーベース 北東アジア国際フォーラム

  • 期間: 2016年11月25日(金)~ 26日(土)
  • 場所: 韓国・慶尚北道安東市 安東グランドホテル
  • 規模: 約330名(会員自治体:5か国35団体85名)
  • テーマ: 観光を通じた北東アジアの協力と発展
  • 主催: 北東アジア地域自治体連合
  • 主管: 北東アジア地域自治体連合事務局、社団法人韓国観光学会
  • 後援: 韓国外交部、慶尚北道、韓国観光公社
  • 主要内容
    일자별 주요내용
    日時 主要内容 備考
    1日目:11月24日(木) 登録  
    2日目:11月25日(金) 国際フォーラム、公式晩餐会  
    3日目:11月26日(土) 文化体験、解散  
  • フォーラム内容 Download
    オープニング
    • 歓迎の辞:鄭炳允 慶尚北道経済副知事
    セッション
    • 祝辞:安東市長、在釜山ロシア総領事
    • 基調講演:鄭昌洙 韓国観光公社社長
    • 特別講演: Eugene Y Roh 中央ミシガン大学教授
    セッションI

    セッションI:観光と地域の発展

    • 座長:イム・サンテク(韓国・東亜大学校 教授)
    • 発表1:「日本の地域観光開発政策と地域社会、文化及び経済における影響について」
    • 畠田 展行(日本・立命館アジア太平洋大学 教授)
    • 発表2:「サハリンの観光開発と地域発展」
    • Elvira Lim (ロシア、サハリン国立大学 教授)
    • 討論:べ・マンギュ(韓国・安東大学校教授)
    • ソン・ジェイル(韓国・大邱慶北研究院)
    • ロタノバ・イリナ (ロシア・アルタイ国立大学校 教授)
    セッションII

    セッション II: 持続可能な観光と国際協力

    • 座長:キム・ナムジョ(韓国・漢陽大学校 教授)
    • 発表1:「モンゴルの観光発展政策と地域基盤の観光成功事例」
    • Munkhnasan Sarantuya(モンゴル・モンゴル国立大学 教授)
    • 発表 2 :「韓国生態観光政策の現況と国際協力」
    • キム・ヒョン(韓国・檀国大学校 教授)
    • 討論: イ・ボング(韓国・東義大学校 教授)
    • チェ・ヒソン(韓国・韓国環境政策‧評価研究院 研究委員)
    • シム・チャンソプ(韓国・嘉泉大学校 教授)
    セッションIII

    セッションIII:北東アジア相互の観光協力

    • 座長:キム・デグァン(韓国・慶熙大学校 / 教授)
    • 発表1:「一帯一路戦略下における中国、韓国、日本、ロシア、モンゴルの国際観光協力発展」
    • 陳楠(中国・河南大学 教授)
    • 発表 2 :「北東アジアの持続可能な発展のための観光交流協力活性化方案」チェ・ギョンウン(韓国・韓国文化観光研究院)
    • 討論:Timothy Lee(日本・立命館アジア太平洋大学 教授)
    • シム・ウォンソプ(韓国・木浦大学校 教授)
    • ピョン・ソンヒ(韓国・韓国観光情報政策研究院)
    閉会 討論・質疑応答
  • NEAR 국제포럼
  • NEAR 국제포럼
  • NEAR 국제포럼
  • NEAR 국제포럼
  • NEAR 국제포럼
  • NEAR 국제포럼
  • NEAR 국제포럼
  • NEAR 국제포럼