동북아시아지역자치단체연합 로고

会員自治体

主要文化・観光の紹介

会員自治体 中華人民共和国 吉林省 主要文化・観光の紹介

主要景区

長白山自然保護区

安圖、撫松、長白の3県にまたがる総面積196,465ヘクタールの自然保護区。温帯森林の生態系や自然歴史遺跡、貴重な動植物などを主要保護対象としている。1960年に長白山保護区域、1986年に国家級自然保護区域に昇格した。

満州国皇宮

長春市寬城区に位置。 満洲国建国後、皇帝となった溥儀とその他皇族の住居。総面積は13.7万㎡、当時の姿をほぼ完全に残している宮廷遺跡の一つ。

長春淨月潭国家森林公園

長春市の南東部に位置し。総面積は約100㎢、森林覆蓋率は96%に達する。台湾・日月潭の姉妹湖であり、アジア最大の人工林海とも呼ばれる。山・水・森が互いに調和し、四季の幻想的な風景を描き出している。

吉林北大湖スキー場

吉林市内から53㎞、長春龍嘉国際空港から126㎞の距離にある吉林省体育観光経済開発区内に位置。域内には北大壺スキー場、橋山北大壺休養ホテル、北大壺アセアンゲーム選手村ホテルなどが所在している。観光、レクリエーション、競技トレーニング、会議等が可能な国際的スキー場。