동북아시아지역자치단체연합 로고

会員自治体

主要文化・観光の紹介

会員自治体 中華人民共和国 黒龍江省 主要文化・観光の紹介

主要景区

松花江

中国7大河川の一つであり、古くは「難河(隋代)」「那水(唐代)」「混同江(清代)」とも呼ばれた。黒竜江省と吉林省を流れており、流域面積は55.72㎢に達する。

東北虎林園

松花江の北部に位置する世界最大(敷地面積144万㎡)のトラ繁殖公園。人工飼育による約700頭の純血種の東北トラ(シベリアタイガー)が生息しており、毎年25万人以上の観光客が訪れる。

聖ソフィア大聖堂(Saint Sophia Cathedral)

ハルビン市にあるビザンチン様式のロシア正教会の聖堂。1903年に東清鉄道開通を目的としてハルビンに流入した帝政ロシア歩兵師団のため、1907年にロシア政府が建設。1923年に現在の外観に再建設された。現在は「ハルビン市建築芸術博物館」として使用されている。

ハンカ湖(興凱湖)

ハンカ湖は、黒竜江省北東部と極東ロシア地域との国境地帯にある最大の湖であり、造山運動と地殻の断層運動によって形成された「構造湖」である。