동북아시아지역자치단체연합 로고

主要活動

分科委員会 鉱物資源開発分科委員会 主要活動

第2回会議2012-12-13

書き込みAdmin

ファイル

※ 2012.8.1 ~ 2012.8.3

1. 概要

○日時:2012年8月1日~8月3日
○場所:ロシア連邦マガダン州
○参加者
・3カ国4自治体・機関 20人
日本1(在ウラジオストク日本総領事館)、中国1(株式会社「鉱山業会社」)、
ロシア2(サハ共和国、マガダン州)
・NEAR事務局: 3人(事務総長のほか2名)

2.主要内容

○マガダン州と天然資源の潜在力にかかるプレゼンテーション
(エレナ・スラノヴァ:マガダン州行政部天然資源局)
○マガダン州鉱物資源開発における中国の投資経験
(Liu Min Li:株式会社「鉱山業会社」副社長)
○サハ共和国の投資潜在力
(アレグセイ・イェピボヴォ:サハ共和国経済産業政策部鉱山業・貴金属細工生産課長)
○マガダン州鉱山採掘の革新的な定着
(ガリナ・ゴロボコヴァ:マガダン州行政部投資政策課長)

3.決議事項

○NEAR会員自治体関連事項
・域内天然資源にかかる情報共有
・NEAR会員自治体鉱山業代表の分科委員会への参加促進
・官民協力体制支援
○NEAR事務局関連事項
・分科委員会結果を会員自治体に通知
・2014年以降の事項を考慮し、第3回鉱物資源開発・調節分科委員会開催支援
・天然資源開発にかかる共通問題点分析
・NEAR会員自治体による共同資源開発の可能性検討
・有用鉱物の採掘における具体的な投資プレゼンテーション提示