본문 바로가기
동북이 교류 협력의 중심, 동북아시아지역자치단체연합

セレンゲ 県

オルギル

  • 国名モンゴル国
  • 自治団体名セレンゲ 県
  • 体長名オルギル

シンボル

シンボル

シンボル

 

沿 革

  • 1947年、セレンゲ県のシャーマルソム地域で太古の人骨が発見されたことによって、より古くから中央アジアに人類が生活していたことが判明し、国際人類学者たちは、モンゴル、特にセレンゲ地域には、少なくとも40~50万年前から人類が生活していたと結論付けた。
  • また、紀元前1世紀から中央アジアを支配した匈奴の中心地であり、後に10世紀から力持つようになる「メルゲド」もこの地域に位置していた。その後、14~18世紀にかけては、ヒアックト、フデル、ゼルテルといった地域を通じて貿易が行われた。このためセレンゲ地域は、モンゴルに世界の資本が入って来るための関門となり、19~20世紀にはモンゴルの国際経済、政治交流の中心になり、セレンゲの人々は他の地域より早く世界市場に進出を果たした。

地域特性

  • セレンゲ県は、アムガイ、ホトル、ハボル、エスヘイなどモンゴルの偉大な王の故郷である。1921年の国民革命おいて初めて勝利を収めたのがセレンゲ県であった。

一般概況

区 分 内 容
地勢及び気候
  • 面積:43.000㎢
  • 位置:首都ウランバートルから358㎞離れている。
  • 気候: 気温は日較差が激しく、冬は地面が凍るほど寒く雪が多く降る。冬季の平均気温は-35℃~-42℃であり、夏と秋に雨が多く降る。夏季の平均気温は、30℃~36℃である。春、秋には風向の変化が激しく、風速は12~17m/s、年間降水量は300~400mである。
人口及び世帯
  • 人口: 109,255人
  • 世帯数 : 30,123世帯
文化行事
  • ナダム祭り(7月11日~13日)
文化遺跡
  • アマル・バヤスガラント寺院、革命博物館

経済現況

区 分 内 容
経済水準
  • GRDP : 602,2 億トゥグルグ
  • 1人当り地域総生産: 5590.4 千トゥグルグ
産業現況
  • 産業構造 - サービス業:貿易、外食業 82.3%、休養、宿泊業 8.2% - 製造業:鋼産業81.8%、食品業10.9%、建築材料6.3%、その他81.8%

その他

連合担当部署

  • 担当部署:行政管理課
  • 住所:Government office of Selenge province
  • 電話:+976-7036-2171
  • FAX:+976-7036-1111
  • ホームページ http://www.selenge.gov.mn