동북아시아지역자치단체연합 로고

会員自治体

主要文化・観光の紹介

会員自治体 中華人民共和国 寧夏回族自治区 主要文化・観光の紹介

主要景区

沙湖

賀蘭山の麓、銀川市から42㎞の距離に位置。中国国家5A級の風景区であり、十大湿地の一つ。総面積は80㎢で、20㎢に広がる砂漠と約40㎢の水域が織りなす名勝地である。観鳥塔があり、様々な鳥のほか珍しい魚類も見ることができる。

沙坡頭国家級自然保護区

中衛市西部、トングリ(騰格里)砂漠の南東部に位置。東部には二つの砂の谷が形成されており、南部は森林地帯で覆われている。西部は頭道丘、北部はトングリ(騰格里)砂漠と接している。総面積4,599.3ヘクタールであり、中衛市の総面積の3.07%を占める。

賀蘭山岩壁

中国の遊牧民族が岩壁に残した長さ200kmの芸術ギャラリー。古代に賀蘭山の一帯に住んでいた匈奴、鮮卑、吐蕃等の北方遊牧民が、民族の生産・生活の様子を賀蘭山の岩壁に彫刻したもので、当時の社会風俗や情緒が表現されている。中国重点文物保護機関に属しており、20か所で遺物が残っている。

西夏王陵

西夏王国の歴代王をはじめとする皇族の墓群。銀川市の西部に位置し、西部は賀蘭山、東部は銀川平原と隣接している。海抜1,130~1,200mに位置しており、中国の王陵の中で最も大きく、完璧な状態で保存されている。