본문 바로가기

トムスク州

トムスク・セルゲイ・アナトルイェヴィッチ

  • 国名ロシア連邦
  • 自治団体名トムスク州
  • 体長名トムスク・セルゲイ・アナトルイェヴィッチ

シンボル

地方旗

地方旗

沿 革

  • 1604年: ボリス・コドゥノフ皇帝によってトムスク市が創建される。
  • 1643年: トムスクに大火事が発生したため、木柵と6つ望楼を持った新しい要塞都市が建設される。
  • 1738年:トムスク市に宿駅ができ、すべての品がトムスクを通るようになる。
  • 1917年:トムスクはシベリア地方に編入される。後に、西シベリア地方に編入される。
  • 1937年:トムスクはノボシビルスク州に編入される。
  • 1944年8月:トムスク州の設立が決定される。トムスクは再びシベリアの行政と経済の中心地になる。
  • 1991年:トムスク州が歴史都市としての資格を授与される。

地域特性

  • アルタイ山脈からシベリアタイガまで700㎞地域にかけて広がっており、18,000の支流と 6,000の湖を持つシベリアオビ川が半分に分かれて流れているトムスク州は、学問とビジネスの中心地である。住民の1/5が大学生で、ロシアでは学者と学生の都市として有名。

一般概況

区 分 内 容
地勢及び気候
  • 面積:31万4,391㎢
  • 位置: トムスク州はロシア連邦88州の一つであり、 シベリアの南西部 に位置している。アルタイ山脈からシベリアタイガまで700㎞渡って広がっており、18,000の支流と6,000の湖を持ったシベリアオビ川がこの地域を半分に分けるように流れている。トムスク州は西シベリア平原の南東部の大部分を占め、州都はトムスク市である。(北緯56。30′、東経 85。00′に位置し、モスクワから鉄道で3,500㎞の距離にある。)ケメロヴォ州、オムスク州、ノヴォシビルスク州、チュメニ州、クラスノヤルスク地方、ハンティ-マンシ自治管区と接している。
  • 気候: トムスク州の南北の境界の距離は約600㎞である。このため南部地域と北部地域の気候が明確に違う。州の大部分の地域はタイガ地域内に位置している。温暖な大陸性気候で冬が少し長い。一年の平均気温は-0.6℃、7月の平均気温は18.1℃、1月の平均気温は-19.2℃である。州の北部の気候は冬が非常に長く厳しい寒さの特色を持つ。不凍期間は100~105日で、年間降水量は435㎜である。
人口及び世帯
  • 人口 : 105万7,748人(2012年)
  • 人口密度 : 3.33人 /㎢(2012年)
文化遺跡
  • トムスク地域歴史博物館

経済現況

区 分 内 容
経済水準
  • GRDP : 2,843億ルーブル(約94億ドル)(2010年)
  • 1人当り 所得 : 24万2,800ルーブル(約8,093ドル)(2010年)
産業現況
  • 産業構造 : 工業従事労動者が労動人口全体の1/4を占める。
主要産品
  • 工業生産品 : 化学及び石油化学(合成樹脂、プラスチック、メタノール、ホルマリンなど)
  • 資源採掘 : 石油採油、ガス

その他

連合担当部署

  • 担当部署:国際・地域関係部
  • 住所:634050,トムスク市 レーニン広場6(6Lenin Square, Tomsk, Russia, 634050)
  • 電話:7 -3822-51-09-39
  • FAX:7-3822-51-11-99
  • ホームページ : http://www.tomsk.gov.ru