본문 바로가기

ザバイカリエ地方

オシポフ· アレクサンドル

  • 国名ロシア連邦
  • 自治団体名ザバイカリエ地方
  • 体長名オシポフ· アレクサンドル

シンボル

地方旗

地方旗

 

地方章

地方章

 

沿 革

  • 1937年9月26日:チチンスク州形成
  • 2008年3月1日:チタ州とアガブリヤート自治州が統合して、ザバイカリエ地方となる。
  • 1956年:ハバロフスク地方からカムチャッカ州として分離
  • 2008年:カムチャッカ地方になる。

地域特性

  • タイガとステップ地帯の中間に位置し、領土の50%以上が山岳のタイガ樹林で覆われ、南部地域は大草原で覆われている。
  • 観光産業の潜在力が大きく、中国 、モンゴルとの経済関係が大きな比重を占める。

一般概況

区 分 内 容
地勢及び気候
  • 面積:43万1,892㎢(ロシア全体の2.53%)
  • 位置:ザバイカル西方と北西の境界は、ロシアのブリヤート共和国とイルクーツク州、北東と東の境界はサハ(ヤクーツク)共和国とアムール州、南側と東南はモンゴル、中国と約5,000㎞ 国境を接している。
  • 気候:酷寒の大陸性気候(冬は長く乾燥し積雪量が多く、夏も乾燥して短いが暖かい)。1月の平均気温は-26℃~-33℃度であって、7月の平均気温は17~21℃度である。年間降雨量は120~200mmで夏に集中している。
人口及び世帯
  • 人口:109万9,396人(2012年)
  • 人口密度:2.56人/㎢(2012年)
文化遺跡
  • ツゴールラマ教修道院

経済現況

区 分 内 容
経済水準
  • GRDP:1,621億ルーブル(約54億ドル)(2010年)
  • 1人当り所得:12万6,000ルーブル(約4,200ドル)(2010年)
産業現況
  • 産業構造:主要産業は鉱業(炭鉱含む)と冶金であり、農業と林業が発達している。
  • 産業基盤施設: 主要産業の会社はチタ市にあり、工学と金属加工(機関車と自動車修理工場、工作機械工場)、木工及び食品産業の中心地である。
  • 観光:ザバイカリエ地方の経済において最大の発展可能性がある。
主要産品
  • 鉱物資源: 鉄 、ポーリメタル、銅、モリブデン、金、フッ素、沸石、シュミッテライト、石炭と褐炭など
  • 工業生産品: 最近は燃料-エネルギー複合工業、冶金工業、食品工業の比重が大きくなっている。
  • 農業: 農業総生産量の中で畜産業が約70%を占め、残りは穀物栽培が占める。複合農工業企業は穀物、ジャガイモ、野菜、マクワウリ、牛乳、肉、卵、蜂蜜、羊毛、生皮、綿毛などを生産している。

その他

連合担当部署

  • 担当部署:国際協力・対外経済関係・観光部
  • 住所:Russia, 672002, Chita city, Amurskaya str., 68
  • 電話:7-3022-31-00-11
  • FAX:7-3022-31-01-00
  • ホームページ : http://www.e-zab.ru